違和感のない口元のために|生きていくうえで欠かせない部位|歯医者で強化
歯

生きていくうえで欠かせない部位|歯医者で強化

違和感のない口元のために

笑顔

実物に近い色

歯を削ったあとは必ず被せモノをしなくてはいけませんが、他者から見て自然だと思われるには、施術に利用する素材にこだわらなければいけません。歯医者におまかせのまま被せモノをしては、安くて自然とはいえない素材を使用されますので、それが嫌ならばきちんと自身の希望を伝えましょう。治療時に利用される被せモノの種類として有名なのは、やはりプラスチックと金属といえるでしょう。しかし、金属だとどうやっても目立ってしまいますので、白い歯が欲しい場合はプラスチックを選ぶことになります。ですが、プラスチックでは不自然さが残りますので、完璧を求めているなら、自然な歯の色合いに近いセラミックの被せモノを選ぶようにしましょう。

自然に整えたいなら

セラミックは歯並びを改善したいときにも活用されますので、インプラントや矯正を考えている方も注目をしてみましょう。削った歯の上にセラミックを施すだけなので、大がかりなインプラントや矯正よりも、ずっと楽に整った歯並びを実現することができます。ただし、セラミックを使った改善は全体的というよりも部分的な施術となりますので、自身に適応できるかは実際の歯をドクターに診てもらわなければいけません。なお、被せモノや歯並びの改善にセラミックを使用していないところもありますので、利用したいなら事前に対応状況を調べておきましょう。審美歯科があるところならば、対応している可能性がとても高いので目安にして探すと良いです。